音楽の大切さ

音楽の大切さ
  • 音楽を聞くことは赤ちゃんの成長を促します。

    音楽を聞くことは赤ちゃんの成長を促します。

    音楽を聞かせることは赤ちゃんの成長を助けます。

    赤ちゃんは歌、リズムや音楽が大好きで、子供や大人と同じように音楽的な環境から多くのものを得ています。
    それだけではなく、科学者たちは音楽が赤ちゃんに与える影響は、私たちの想像をはるかに上回るということを発見しました。
    また、最近の研究では音楽が赤ちゃんや子供たちの身体的、精神的、知性的な発達に影響を与え、認知、感覚の発達を促すことが分かりました。


  • 早い時期からのスタート - お腹の中で聞く音楽

    音楽の驚くべき効果は、生まれる前の段階から始まっています。

    最近の研究では、お腹の中にいたときからクラシック音楽を聴いていた子供は、生まれてから身体的、精神的に肯定的な変化が見られることが分かりました。
    また最近の実験では、妊娠期間終盤の数週間の間、胎児に70時間程度クラシック音楽を聞かせるという実験が行われました。
    お腹の中で70時間音楽を聞いていた子供たちは6ヶ月を過ぎると、音楽による刺激を受けていなかった子供たちと比べて運動神経、言語能力、知的の発達がより優れていることが分かりました。
    赤ちゃんは、体内にある約1000億個の細胞の結び付きが緩やかな状態で生まれてきます。
    脳内の細胞間の結合を確立し、強化するためには、様々な認知、精神的な経験をつむことが必要です。
    研究者たちは、音楽を聞くことが脳を形成するための重要な経験であると信じるようになりました。

  • 音楽がもたらす発達への効果

    音楽がもたらす発達への効果

    音楽が赤ちゃんや子供たちに与える肯定的な効果は驚くほど多様で、赤ちゃんの精神的、および身体的な発達の両方を促します。
    赤ちゃんに音楽を聞かせてあげることは、様々なスキルをつかさどる神経経路を活発にし、一般技能である想像力や、空間的知能の能力を促進させます。
    • 想像力
      ハンガリーで行われた研究では、音楽を聞かせたり、歌のレッスンを受けたりした3~4歳の子供たちは、このようなトレーニングを受けていない子供たちより高い想像力を持っていることが分かりました。

    • 記憶力
      生後3ヶ月の赤ちゃんたちが、学んだことを記憶するために音楽が役立ちます。音楽は学習過程において重要であり、記憶することにも役立つと考えています。

    • 空間的知能
      空間的知能とは、空間と視覚的世界との様々な関連性を理解する能力のことです。カリフォルニアの幼稚園での研究では、ピアノのレッスンを受けた子供たちは、同時期にコンピューターのレッスンを受けていた子供たちよりもジグソーパズルの完成率が34%高いことが分かりました。

    • 数学
      集中的な音楽の教育を受けた小学校1年生の子供は、標準的な音楽の教育を受けた子供(クラスメート)より数学においても成長がみられたとの研究結果が出ました。研究者たちは、音楽と数学のつながりは、音楽が数学的理念を理解することを部分的に助けているという事実につながると考えています。

    • 語学力
      音楽と言語の発達には密接な関係があります。どちらの能力も聴覚的な微妙な違いやBとPのように似たような音を聞き分ける能力必要とします。音楽を聞くことは、赤ちゃんの言語力を発達させるのに大いに役立っており、聴覚的な情報の解読や聴覚的な記憶を鋭くします。これは言語の理解に必要なベースとなる能力です。

    • 感情知性
      音楽は強い感情を呼び起こします。表現力豊かなクラシック音楽を聞くことで、赤ちゃんは音楽により呼び起された自分の感情の微妙な変化を通して、感性を発達させます。また、他人の気分や感情を見つける能力を磨きます。

  • このウェブサイト上で提供されている情報は単なる提案として提供されているものであり、専門的な医学的診断や意見ではございません。医療機関にもご相談することをお勧め致します。