7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

18~24カ月の赤ちゃんの理解力

18~24カ月の赤ちゃんの理解力

「見えないモノ」と想像力の新しい世界

2才になると、赤ちゃんの理解力は新たな変化をとげます。
赤ちゃんは現実の世界にとらわれず、抽象的なイメージや考え、物語などを心に描くことができるようになります。
たとえば、実際に現物を見たことがなくても、戸棚にあるお菓子を思い浮かべてそこへ取りに行くことが出来るようになります。

クリエイティブな思考

18カ月になると、赤ちゃんはモノをどのように仲間分けしたら良いかをよく理解できるようになります。

たとえば、絵本に書いてあるボールの絵を見たあとに、自分の部屋にあるおもちゃのボールを持ってきて見せてくれたりします。
時には、さまざまなモノを異なるカテゴリに分類するために、何時間も一人で遊んでいたりします。

ひとつのパターンでグループ分けした後に、別の分類方法で並べ替えたり、順番を入れ替えてみたりと、何度も何度も仲間分けを行います。最初は色でグループ分けしていたのを、次は形やサイズごとに分けてみたりして遊びます。

このような成長は、問題解決に対してクリエイティブなアプローチをしたり、より柔軟な思考回路を身につけることを助けます。

めまぐるしい成長の変化

子供の成長はジェットコースターのようなもので、少しずつ着実に続いていくものではないということを頭に入れておきましょう。
赤ちゃんの興味はすぐに移り変わり、一度出来たことや覚えたことが出来なくなったり、またすぐに出来るようになったりします。

理解力の発達は個人差が大きく、生まれつきの能力や育てられた環境、成長過程のさまざまな経験にも左右されます。

赤ちゃんの能力を刺激し、さまざまな活動を促すような恵まれた環境を用意したうえで、パパママが励まし支えてあげることで、赤ちゃんの理解力は育まれてゆきます。

育児のコツ

  • 赤ちゃんに話しかけるとき、「ここ」や「そこ」といった抽象的な言葉を避け、なるべく具体的な場所を伝えてあげましょう。
    「ここにあるよ」ではなく、「テーブルの上におもちゃがあるよ」「おもちゃ箱の中にあるよ」「ドアの後ろだよ」など明確に伝えましょう。
  • おもちゃの色・形・性質・手触りに注目させてみましょう。
  • 赤ちゃんの好奇心を育ててあげましょう。
    特に、赤ちゃんが何か失敗をした時に、叱ったり否定したりせず、もう一度赤ちゃんがチャレンジできるように見守ってあげましょう。

マイルストーン

  • 欲しいおもちゃが見つからない時、複数の場所を探しまわります。
  • 数日前にしまったおもちゃを探し出すことができます。
  • 丸や四角のブロックを、それぞれの形に合った穴に落とすことができます。
  • 2~3ピースのパズルを完成させることができます。