7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

0カ月~1カ月の赤ちゃんの理解力

0カ月~1カ月の赤ちゃんの理解力

新しい世界で生きてゆく

生まれて1カ月未満の赤ちゃんは、生き延びるために必要なほぼすべての能力を、赤ちゃんのお世話をいちばんよくしてくれる人間、すなわちあなたを通して発達させてゆきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、子宮の外の世界に慣れるための基本的な能力を持ち合わせています。
それは、自分を世話してくれる人の匂いや声を覚える記憶力と、それに反応する反射神経です。

人とのふれあい

赤ちゃんがあなたを見つめる時、赤ちゃんはじっとあなたの声を聞き、あなたの唇の動きを眺めています。
この原始的なコミュニケーションが、赤ちゃんの脳を刺激し、成長をうながします。

反射作用

赤ちゃんは原始的な反射神経を徐々に発達させていきます。
もっとも顕著にみられるのが、乳首を含ませると吸う反応です。

赤ちゃんは成長するにしたがって、さまざまな環境や状況に慣れてゆくようになります。
たとえば、最初はお母さんの乳首しか吸えなかったのが、次第に哺乳瓶や、おしゃぶりにも反応して吸うことができるようになります。

育児のコツ

  • 赤ちゃんは、子宮の外の世界に出てきたばかりです。赤ちゃんの視覚や聴覚、触覚を少しずつ、優しく慣らしてあげましょう。
    赤ちゃんのお世話をする時は、五感を強く刺激しすぎないように気をつけましょう。
  • 赤ちゃんにあなたの顔をたくさん見せてあげましょう。
    人間の顔は、赤ちゃんにとってもっとも興味深く、効果的な刺激となります。
  • この月齢の赤ちゃんが何かに集中していられる時間は、非常に短い間隔に限られています。

マイルストーン

  • 赤ちゃんの記憶力は、お母さんの匂いと声を覚えることに集中します。
  • さまざまな環境に対応できるよう、反射神経を発達させてゆきます。
  • 人間の表情のシンプルな動きに親しみを覚えるようになります。
  • よく聞く音を覚えるようになります。