7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

9カ月~12カ月の赤ちゃんの理解力

9カ月~12カ月の赤ちゃんの理解力

限りない探究心

赤ちゃんをしっかり見ていてあげて下さい。
今や赤ちゃんはりっぱな科学者です。毎日、赤ちゃんは新しい「実験」や「調査」を行い、自分が生きているこの世界のことをより深く知ろうと研究を重ねます。

日々の生活の中で、赤ちゃんは常に新しい理論を試し、データを集め、そのプロセスや結果を分析しています。

結論を導き出す

「これを床に落としたら、どんな音が鳴るんだろう?」

赤ちゃんがガラガラを床に落とすのは、いたずらをしているのではなく、わからないことの答えを自分で見つけようとしているのです。

さまざまな知識を身につけるにつれ、赤ちゃんはより複雑な問題への解決方法を考え出し、自分で解決していけるようになります。

たとえば、テーブルクロスをひっぱると、自分で手を伸ばさなくても、その上に置いてあるモノを自分の近くに引き寄せられるということを理解し、その経験を思い出して「なぜそうなったのか」という理論的な結論を導き出すことができます。

ものまねの上達

この時期の赤ちゃんはものまねがとても上手になり、以前はできなかった複雑な動きもまねられるようになります。

ママがテーブルの上を拭くのとそっくりに、自分もハイチェアの上をスポンジで「お掃除」してみたり、時にはママが立てる音までも真似することがあるでしょう。

そういったものまねは次第に赤ちゃん独自の動きになり、そのうちに誰かの真似をしなくても自分自身の動きが出来るようになります。

育児のコツ

  • 赤ちゃんが自分で簡単に問題を解決できるようなおもちゃを与えてあげましょう。
    たとえば、スタッキングトイで遊ばせる時は、はじめは大きなカップと小さなカップの二つだけを渡してあげるようにしましょう。

  • この世界を知ろうとする赤ちゃんの好奇心を理解し、できるだけたくさん「探検」をさせてあげましょう。
    ハイチェアのうえで食べ物をまき散らしたり、お風呂で水をバチャバチャさせたり、モノをぐちゃぐちゃに壊してしまったりしても、ガマンして見守ってあげましょう。
    それらはすべて、赤ちゃんの自然な好奇心のあらわれなのです。

  • 正しい答えは一つとは限りません。赤ちゃんが自分なりの方法で問題を解決することが、赤ちゃんの独創性と自立心を育みます。
    赤ちゃんと一緒に新しい解決方法を編み出してみましょう。

マイルストーン

  • より複雑な問題の解決方法を学んでゆきます。
  • 原因と結果の関係に強い興味を持ち、よりはっきりと理解します。
  • 「4本足で吠える動物は犬」など、物事の概念を理解し始めます。
  • 複雑な動きも真似られるようになります。
  • 始めての言葉を発します。