7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

3カ月~6カ月の赤ちゃんのEQ

3カ月~6カ月の赤ちゃんのEQ

さまざまな人に興味を持つ

この月齢では、赤ちゃんは活動的になり、みずからすすんでまわりの人に近づき、コミュニケーションをとろうとします。

赤ちゃんは自分の世話をしてくれる人たちを見分け、その人たちに対してだけ笑ったりするような、特別な反応を見せるようになります。

家族・友達 VS 知らない人

5カ月頃には、赤ちゃんは知らない人に対しては笑わなくなります。
赤ちゃんは初めて見る顔をしばらくの間まじまじと見つめ、その顔が自分の知らない人であることがわかると、怖がって泣きだします。
自分の知っている人の顔を見ると、泣きやんで笑顔を見せるようになります。これが人見知りの始まりです。

また、赤ちゃんは自分の行動が他人のリアクションを引き起こすということにも気付き始めます。
たとえば、あなたの顔を見てにこにこしている時、あなたが微笑み返してくれることを期待しています。

赤ちゃんはあなたの顔に興味を持ちはじめ、顔のパーツを手で触りたがります。あなたの髪の毛を引っ張ったり、あなたの口や自分自身の口の中に指を突っ込んだりしたがります。

これらの行動を通して、赤ちゃんは触感の違いを学んでゆきます。

 またこの時期の赤ちゃんは、外部刺激に対して自分の頭を動かして調整することができるようになります。
たとえば、刺激が強すぎたり退屈すぎたりした場合は、赤ちゃんは顔を反対側にそむける仕草を見せるでしょう。

育児のコツ

  • 赤ちゃんをあやすとき、どうやったら落ちつくかを赤ちゃんに教えてあげましょう。

  • 赤ちゃんの自発性を育ててあげましょう。
    赤ちゃんが何かを訴えてきたら、赤ちゃんの出す声や音を真似し、赤ちゃんが遊んでいるおもちゃに興味を示してあげましょう。
    赤ちゃんの自己認識を促し、自信をつけさせることができます。

  • 赤ちゃんのワガママに応えてあげることは甘やかしにはなりません。赤ちゃんのこころの発達において重要な基礎となります。

  • 赤ちゃんに新しいことにチャレンジできるようにしてあげましょう。
    あなたの励ましによって、赤ちゃんは自分に自信が持てるようになります。

  • 赤ちゃんはまだ言葉を理解できませんが、できるだけたくさん話しかけてあげましょう。赤ちゃんが感じているであろう気持ちを言葉にして語りかけてあげましょう。

    「おもちゃをとりたいのに、うまくとれなくて難しいね」「ママと遊んで楽しいね!!」など、赤ちゃんはあなたの声のトーンから、自分が今感じている気持ちを徐々に理解できるようになります。

マイルストーン

  • 見知った人や出来事に対してうれしそうににこにこします。
  • おおよそ5カ月頃から、人見知りが始まります。
  • 喜び、怒り、嫌悪、悲しみ、驚きなどの基本的な感情を表現するようになります。
  • 頭を向けたりそむけたりすることで、感情をコントロールし始めます。