7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

1~3カ月の赤ちゃんの想像力と創造力

1~3カ月の赤ちゃんの想像力と創造力

基本的なことがらを学ぶ

赤ちゃんの世界は日々広がって行き、徐々に新しい感情や感覚に慣れてゆきます。
自分のまわりで起こっている物事を理解し、自分を愛してくれる人々との交流を楽しむようになります。

基本原則:次に何が起こるかを知る

赤ちゃんはこの世界にいろいろな秩序やルールがあることを感じとり、それに適応しようとします。

たとえば、特定の泣き方をしたらミルクが出てくるということを学ぶと、その行動をおなかがすくたびに何度も何度も繰り返します。

 赤ちゃんは自分の行動がひき起こした結果をすぐに覚え、次に何が起こるかを予測することができるようになります。
たとえば、泣いている赤ちゃんを抱き上げた時、まだ乳首をふくませていないにも関わらず、赤ちゃんがお乳を吸う仕草をしていることに気付くでしょう。

身体感覚とおもちゃたたき

赤ちゃんは自分の身体を徐々に意識しはじめます。
自分の身体を使って、モノを動かすことが出来るということに気付き始めます。

たとえば、ぶらさがっているおもちゃを自分の手で揺らすことが出来ることを理解します。
この時期の終わり頃には、自動的な反射作用に代わり、自分の意志で身体を動かし始めるようになります。

これは、赤ちゃんが自分の行動(手を伸ばす)によって結果(おもちゃを動かす)が得られるという因果関係を理解したということを示しています。

育児のコツ

  • 赤ちゃんの手の届くところにおもちゃをぶらさげてやり、手を伸ばした時に触れるようにしてあげましょう。
    この方法で、赤ちゃんは徐々に手を意識的に伸ばし、おもちゃを動かしたり、いじったりするようになり、自分の周りの環境を知ることが出来ます。

  • 赤ちゃんを刺激しすぎないようにしましょう。
    赤ちゃんは同時に2つのことをすることができず、またごくわずかの時間しか集中することができません。
    あまりたくさんの刺激を与えると、かえって赤ちゃんにとってストレスになってしまいます。

マイルストーン

  • 手を自分の口に入れます。
  • ぶら下げてあるモノを手で叩きます。
  • 生理的微笑が現れます。
  • 楽しげなモノをじっと見つめます。