7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

6~9カ月の赤ちゃんの言語とコミュニケーション

6~9カ月の赤ちゃんの言語とコミュニケーション

ベビートーク

この頃、言葉で表現する能力は飛躍的に成長し、コミュニケーションがより楽しく、やりがいのあるものになります。

かわいいイントネーション

赤ちゃんは発音の異なる複数の音節をつなげて言えるようになり、抑揚や音階のバリエーションも増え、喃語がより本物の言語らしくなってきます。

赤ちゃんのしゃべっている喃語はとてもかわいらしく、あなたは赤ちゃんが何を言っているのか知りたいと思うようになるでしょう。

 赤ちゃんがもう少しはっきりとしゃべれるようになるまでは、赤ちゃんの声のトーンを通してご機嫌を察知し、赤ちゃんがあなたを呼ぶ時のかわいい声を楽しみましょう。

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの発達

赤ちゃんのコミュニケーション能力と理解力は進歩し、より積極的に会話をするようになります。

自分の名前に反応し、大人同士の会話に強い興味を示すようになります。
 会話をしている人たちを目で追いかけ、自分なりの観点で会話に参加していることを知ってもらおうとさえすることもあるでしょう。

 9カ月頃までには、赤ちゃんの非言語コミュニケーション能力は、バイバイしたり、拍手をしたり、何かを指さしたりといった、ジェスチャーやサインを含むようになります。
 9カ月めの終わりが近づくにつれ、赤ちゃんがたくさんの言葉(ボトル、ブランケット、家族の名前など)を理解し、自分なりにそれらの言葉に反応していることに気付くでしょう。
また赤ちゃんは、、「わんわん鳴くのは犬」「リンリン鳴るのは電話」などのような、モノとそれがたてる音との関係も理解し始めます。

育児のコツ

  • できるだけたくさん赤ちゃんに話しかけてあげましょう。今一緒に何をしているか、何が見えるか、何が聞こえるか…そして、「つかれたね~」「バナナ食べておいしいね~」など、赤ちゃんの行動や気持ちを言葉に置き換えてあげましょう。

  • 赤ちゃんと対話しましょう。言葉の抑揚を変え、赤ちゃんの抑揚や声の変化に耳を傾けましょう。

  • 遊びを通して、あなたの声や表情を真似するようにしむけましょう。

  • 赤ちゃんを大人と同じテーブルで食事させ、家族の会話に自分も参加しているような気持ちにさせてあげましょう。

マイルストーン

  • 言葉を理解し始めます。
  • 唇と口の前部を使って、「ママ」や「バーバー」などの言葉を発音し始めるようになります。
  • 自分に直接話しかけられていなくても、大人がしている会話に興味を持ち始めます。
  • 自分の名前が呼ばれた時にあなたの姿が見えないと、声がした方に顔を向けてあなたを探そうとします。
  • 声を使って、自分の願望を表現したり、あなたの注意を惹こうとしたりします。