7つのタネ - Baby Development

タイニーラブが提唱する乳児の段階的発育ガイド
Take a look at the 7 Elements System Tiny Love's step-by-step baby development guide

6~9カ月の赤ちゃんの五感

6~9カ月の赤ちゃんの五感

五感の完成とそこから得られるもの:世界を楽しむ

五感はほぼ完全に成熟し、赤ちゃんは自分の周りの小さな世界を豊かな観察力でめいっぱい楽しみます。
赤ちゃんの学びを助け、似ているモノの細かい違いを教えるのに絶好のタイミングです。

視覚

視覚領域では、赤ちゃんは形、色、サイズを区別することを学びます。

聴覚

聴覚領域では、ボリュームの違いや、ピアノとトランペットの音色の違いなど、異なった音や音色を聴きわけます。
お気に入りの音楽で一緒にダンスして、曲のリズムを聴かせ、赤ちゃんにテンポと動きの関連性を教えてあげましょう。


味覚と嗅覚

離乳食が始まり、赤ちゃんは匂いと味という新しい世界を知ることになります。
食事を用意する時は、赤ちゃんに今作っている食べもののにおいをかがせてあげましょう。

育児のコツ

  • 細部への注意力を養うには、絵や写真を赤ちゃんと一緒に眺めましょう。
    最初は画像全体を赤ちゃんに見せてやり、その後ひとつずつ細かい部分に注目していくようにしましょう。

  • あなたが喜びやしあわせを感じるものを赤ちゃんとシェアしましょう。お気に入りの音楽、バラの香り、美しい夕焼け…それらを分かち合うことによって、赤ちゃんはこの世界が楽しいものだとわかるようになります。
    そして、自分で見たり、触ったり、匂いを嗅いだり味わったりして楽しむことが出来るということを理解します。

  • 素材や手触り、形の異なる様々なおもちゃを赤ちゃんに与え、音を鳴らしたりしわくちゃにしたりして、触覚を刺激して遊ぶようにしむけましょう。

マイルストーン

  • 五感が基本的なレベルまで完成します。
  • ピアノとトランペットのような、音の違いを区別します。
  • 自分の名前を理解し、名前を呼ばれるとその方向に顔を向けます。
  • 9カ月め頃までに、音が聞こえる方向を特定するプロセスを学習します。